「オピニオン」の記事一覧

IMF:中国2013年経済成長率を7.75%に引き下げ

 2013年5月29日、国際通貨基金(IMF)が最新の中国経済展望を発表した。
  
 IMFは、中国2013年のGDP成長率予測値を、前回予測より0.25%引き下げ、7.75%増と発表した。
 中国2014年のGDP成長率予測値についても、2013年と同水準の7.75%増にまで引き下げている。

 人民元については以前としてやや低く評価されていると指摘。また最近日本が実施している一連の為替政策は、中国経済には大きな影響を与えてはいないとの分析も示している。

(China Press 2013:IT)

台湾:2013年GDP成長率予測値を引き下げ

 2013年5月27日、台湾行政院主計処が、台湾2013年第1四半期の経済成長率を発表した。

 報告によると、台湾2013年1月―3月のGDP成長率は、2012年同期で1.67%の増加となった。

 また台湾当局は、2013年全体でのGDP成長率を、3.59%増と予測していたが、今回発表データが予測を大幅に下回ったことを受けて、2013年成長率予測値を2.4%増に引き下げた。
 
(China Press 2013:IT)

香港上海銀行(HSBC):中国製造業縮小に転ずると予測

 2013年5月23日、香港上海銀行(HSBC)は、中国2013年5月の製造業購買担当者指数(PMI)予測値を、49.6%と発表した。
 HSBCのPMIは50を水準ラインとして、100に近いほど経済が拡大、0に近いほど萎縮していることを示している。
 中国5月PMIは4月よりの51.6%から、0.8ポイント下落し、水準ラインを割り込むと予測されている。

(China Press 2013:IT)

中国社科院:2013年春季経済白書を発表

 2013年4月30日、中国社会科学院が、2013年春季経済白書を発表した。

  GDP成長率8%にまで回復する見込み

 白書によると中国社会科学院は、中国2013年の国内総生産(GDP)増加率を、2012年同期比で8.0%増前後にまで回復すると予測している。
 ただ、数値自体は前回(2012年秋季)に発表された予測値より0.2%引き下げられた。世界経済の回復が遅れている現状下では、中国経済の回復もやや遅れると分析されている。

  CPIは上昇傾向示す

 また、中国2013年の消費者物価指数(CPI)は、2012年比で3.5%以下に収まると予測されている。
 なお、中国2012年のCPI上昇率は、2011年比で2.6%増加していた。2013年のCPI増加率は、昨年を1パーセントほど上回る見込みである。

  貿易額の増加率は減速期に入る

 中国2013年の輸出額は、2012年と比較して8.9%拡大し、輸入額は2012年比で9.3%増加すると予測されている。なお、中国2012年の輸出額は、2011年比7.9%増、輸入額は2011年比で4.3%増であったため、大幅に回復する見込みとなる。
 ただ、中国の貿易成長は既に減速期に入りつつあり、今後貿易額の増加率は、7.5%増前後にまで減速したのち、安定するとの予測も示されている。

(China Press 2013:IT)

IMF:アジア2013年経済成長率5.7%増と予測

 2013年4月29日、国際通貨基金(IMF)が最新のアジア太平洋地区経済展望を発表した。

 報告書によると、IMFはアジア太平洋地区2013年の経済成長率を、5.7%増と予測している。成長率は前回発表された予測から0.2%引き下げられた。
 この内、2013年中国の経済成長率は8.0%増。台湾の経済成長率は3.0%増と予測されている。
 また、インドの2013経済成長率は、5.9%増となる見込み。

(China Press 2013:IT)

台湾2013年GDP成長率:3.71%増との予測

 2013年4月25日、台湾経済研究院が、台湾2013年の経済成長予測を発表した。
 
 発表によると、台湾2013年の経済成長率は、第1四半期が3.22%増、第2四半期が3.71%増、第3四半期が3.98%増、第4四半期が3.89%増。2012年平均では3.71%の増加になると予測された。
 また、2013年の消費者物価指数(CPI)は、1.51%の増加と予測されている。

(China Press 2013:IT)

香港上海銀行(HSBC):中国4月PMI初期値50.5%と発表

 2013年4月23日、香港上海銀行(HSBC)は、中国2013年4月の製造業購買担当者指数(PMI)予測値を、50.5%と発表した。
 HSBCのPMIは50を水準ラインとして、100に近いほど経済が拡大、0に近いほど萎縮していることを示している。
 中国4月PMIは、水準ラインを上回るものの、3月データの51.6%から、1.1ポイント下落すると予測されている。

(China Press 2013:IT)

国際通貨基金(IMF):世界経済成長予測3.3%増に引き下げ

 2013年4月18日、国際通貨基金(IMF)が最新の「世界経済展望」を発表した。

 IMFは今回報告書で、2013年の世界経済成長率予測値を、3.3%増と発表した。前回予測と比較して0.2%引き下げられている。
 また2013年発展途上国の経済成長率は5.3%増と予測された。更にこの内、中国の経済成長率は8.0%増と予測されている。
 
 2014年の世界経済成長率は、4.0%増にまで回復する見込み。

(China Press 2013:IT)

中国中産階級:1000万人突破、4分の1が移民検討

 2013年3月28日、アメリカ経済誌、フォーブスの中国語版が、中国中産階級についての調査報告書を発表した。

 フォーブスは、中国中産階級を、投資可能資産が10万ドルから100万ドルの層と位置付けている。
 報告によると、中国の中産階級は、2010年末には794万人であったが、2012年末には1026万人に達した。男女比率は男性55.3%に対し女性44.7%となる。
 2012年、中国中産階級の平均投資可能資産は、2011年より13.7%増加し、83兆1000億元に達している。
 中国中産階級の自宅所有率は96.7%であった。さらにこの内、39.9%が3件以上の住宅を所有している。
 しかし、中産階級のうち4分の1が、中国国外への移民を検討しているという。
 
 中国中産階級は、2013年末には1202万人に達するとの予測も示されている。

(China Press 2013:IT) 

中国中産階級:1000万人突破、4分の1が移民検討

 2013年3月28日、アメリカ経済誌、フォーブスの中国語版が、中国中産階級についての調査報告書を発表した。

 フォーブスは、中国中産階級を、投資可能資産が10万ドルから100万ドルの層と位置付けている。
 報告によると、中国の中産階級は、2010年末には794万人であったが、2012年末には1026万人に達した。男女比率は男性55.3%に対し女性44.7%となる。
 2012年、中国中産階級の平均投資可能資産は、2011年より13.7%増加し、83兆1000億元に達している。
 中国中産階級の自宅所有率は96.7%であった。さらにこの内、39.9%が3件以上の住宅を所有している。
 しかし、中産階級のうち4分の1が、中国国外への移民を検討しているという。
 
 中国中産階級は、2013年末には1202万人に達するとの予測も示されている。

(China Press 2013:IT) 

サブコンテンツ

上海で日本のテレビを見る!

上海で日本のテレビを見る!

上海で日本のテレビをみるなら、SHJP TVで!上海で最安値・激安の日本のテレビ。サポートも充実。

メニュー

BeShock Inc.

BeShock Inc.

上海でのITコンサルティング・システム開発・ホームページ構築・アフィリエイトシステムなど、ITにを中心に幅広くビジネスを展開。

このページの先頭へ