「不動産」の記事一覧

保利地産:不動産契約面積3.8%増に留まる

 2013年6月7日、中国大手不動産会社、保利地産が2013年5月の経営報告を提出した。
 
 報告によると、保利地産2013年5月の契約総額は、2012年同期比3.5%増の111億4100万元(約1752億円)であった。
 1月―5月の契約総額は、前年同期比47.5%増の513億3700万元(約8073億4400万円)に達している。
 
 5月の不動産契約面積は、2012年同期比3.8%増の95万1000平方メートル。
 1月―5月の不動産契約面積は、前年同期比49.8%増の460万4300平方メートルとなっている。

 保利地産5月の不動産販売規模増加幅は、大きく鈍化している。
 
(China Press 2013:IT)

ロシア:1―4月乗用車販売台数2.2%減少(2013)

 2013年5月24日、欧州ビジネス協議会(AEB)が、2013年4月のロシア自動車市場統計データを発表した。

 報告によると、ロシア市場2013年4月の乗用車・小型商用車販売台数は、2012年同期より8%減少し。24万5334台に留まった。
 1月―4月の累計乗用車販売台数は、2012年同期比2.2%減の86万2298台となる。
 ロシア自動車市場最大シェアを持っているのは、ロシア自動車メーカー、アフトヴァースのブランドであるラーダで、1月―4月販売台数の内、15万1527台を占めている。

(China Press 2013:IT)

中国不動産投資:21.1%拡大(2013年1―4月)

 2013年5月17日、中国国家統計局が、2013年1月―4月の不動産投資状況を発表した。

 中国2013年1月―4月の不動産投資総額は、2012年同期から21.1%増加し、1兆9180億元(約31兆9500億円)であった。
 地域別に見ると、東部地区における不動産投資額が、2012年同期比20.2%増の1兆1241億元。西部地区投資額が、前年同期比24.5%増の4136億元。中部地区投資額が、前年同期比20.4%増の3804億元となる。
 なお、中国の不動産投資額増加率は、2012年平均では16.2%増、2013年1月―3月平均では20.2%増となっていた。 

(China Press 2013:IT)

中国民間固定資産投資:23.9%増加(2013年1―4月)

 2013年5月17日、中国国家統計局が1―4月の民間固定資産投資状況を発表した。

 発表によると中国1―4月の民間固定資産投資総額は、2012年同期比23.9%増加し、5兆7963億元(約96兆8048億円)に達した。

 地域別に見ると、東部地域への投資が2012年同期比20.2%増の3兆361億元。
 中部地域への投資が2012年同期比28.4%増の1兆6263億元。
 西部地位への投資が2012年同期比27.7%増の1兆1339億元となっている。

(China Press 2013:IT)

万科:4月不動産販売額66%拡大(2013)

 2013年5月6日、中国大手不動産会社、万科が2013年4月の経営報告を提出した。
 
 報告によると、万科2013年4月の不動産販売面積は、2012年同期より45%拡大し、110万7000平方メートルに達した。
 1月―4月の累計不動産販売面積は、2012年同期比27%増の482万2000平方メートルとなっている。

 4月の不動産販売額は123億8000万元(約1995億6900万円)で、2012年同期比66%の大幅増加を示した。
 1月―4月の不動産販売総額は、2012年同期比46%増の560億2000万元(約9030億5700万円)になる。
 
(China Press 2013:IT)

長城汽車:第1四半期収入が大幅に拡大(2013)

 2013年4月26日、中国大手自動車メーカー、長城汽車が2013年第1四半期の経営報告を発表した。

 長城汽車2013年1月―3月の営業収入は、2012年同期比46.1%増加し、127億5500万元(約2039億8700万円)に達した。
 1月―3月の純利益は18億9600万元(約303億2200万円)となり、2012年同期比73.4%の大幅増加を達成した。
 同期、業績が大幅に拡大した原因としては、同社の製造するクロスオーバーSUV、「哈弗」の販売が好調であったことが挙げられている。

(China Press 2013:IT)

万科:第1四半期不動産販売面積23.5%拡大(2013)

 2013年4月9日、中国大手不動産会社、万科企業が2013年第1四半期の経営報告を提出した。
 
 報告によると、万科2013年3月の不動産販売面積は、127万2000平方メートルであった。
 1月―3月の不動産販売面積は、2012年同期比23.5%増の371万5000平方メートルに達した。

 3月の不動産販売総額は152億元(約2420億円)。1月―3月の不動産販売総額は436億5000万元(約6949億7700万円)となり、2012年同期比40.5%の大幅増となった。
 
(China Press 2013:IT)

娃哈哈(ワハハ):不動産業務への進出する可能性示す

 2013年4月9日、中国飲料メーカー、娃哈哈(ワハハ)の宗慶後会長が、同社が不動産業務に進出する可能性について言及した。

 宗慶後会長によると、不動産業務に進出すべきとの提案は以前から受けていたが、これまでは主業務である飲料生産に集中した方がよいとの判断から断っていた。
 しかし数年前から、業務の多極化を進めた方がいいとの考えに変化し始めているという。
 変化の理由としては、第一に小売業が製造業の利潤を圧迫する状態が深刻化していること、第二に販売経路を掌握することが同社の安定した発展に有利であることを挙げている。

 娃哈哈(ワハハ)は1987に創設された、中国最大の飲料メーカーである。
 宗慶後氏は同社の創設者であり、2012年には経済紙フォーブスによって、中国大陸部最大の富豪に選出されている。(ただし宗慶後氏の国籍はアメリカ)
 娃哈哈(ワハハ)は非上場企業である。宗慶後氏は現在のところ、IPOの計画はないとの立場を示している。ただし、子会社についてはIPOを行う可能性もあるとも述べている。

(China Press 2013:IT)

恒大地産:2012年純利益21.7%縮小

 2013年4月1日、中国大手不動産会社、瀋陽恒大地産が2012年の経営報告を提出した。
 
 恒大地産2012年の営業収入は、2011年比で5.4%増加し、652億6000万元(約9771億3700万円)達した。
 しかし、2012年の純利益は、91億8000万元(約1374億5200万円)に留まり、2011年比21.7%の大幅減少を示している。

 また2012年末時点において、恒大地産が権益を持つ不動産面積は、2.4%増の1億4000万平方メートル。
 資産総額は、前年比33.5%増の2389億9000万元(約3兆5784億円)に達したことも報告された。
 
(China Press 2012:IT)

富力地産:2012年不動産販売面積3割増

 2013年3月22日、中国大手不動産会社、富力地産が2012年の経営報告を発表した。

 富力地産2012年の不動産販売面積は288万平方メートルとなり、2011年比32%の大幅増加を示した。
 販売総額は、2011年比13%増の322億元(約4919億8800万円)に達した。

 同期の営業収入は、2011年比11%増の304億元(約4644億8500万円)。
 純利益は2011年比17%増の56億6000万元(約864億8000万円)となっている。

 また、富力地産は、2013年の販売目標を420億元に設定したことも発表した。

(China Press 2013:IT)

サブコンテンツ

上海で日本のテレビを見る!

上海で日本のテレビを見る!

上海で日本のテレビをみるなら、SHJP TVで!上海で最安値・激安の日本のテレビ。サポートも充実。

メニュー

BeShock Inc.

BeShock Inc.

上海でのITコンサルティング・システム開発・ホームページ構築・アフィリエイトシステムなど、ITにを中心に幅広くビジネスを展開。

このページの先頭へ